学院長紹介

松樹先生

札幌武蔵野美術学院名誉学院長
松樹 路人
武蔵野美術大学名誉教授・独立美術協会会員

「北海道からプロの芸術家を育てたい」
現在、毎年春になると北海道の才質ある若者達が各美術大学に送り込まれてきており、その多くが札幌武蔵野美術学院で学んだ学生です。私も札幌へ訪れた際に、北の味覚を肴に札幌武蔵野美術学院の皆さんと語り合うことが楽しみの一つです。

髙橋先生

札幌武蔵野美術学院学院長
高橋 伸
独立美術協会会員

「東京以上の指導を北海道で」
今までに5,000名を越す若者を全国の有名美術大学へ送り出してきた。卒業生のある者は東京で一流デザイナーとなり、またある者は東京藝大や武蔵野美術大学、多摩美術大学で指導者として教鞭を振るっている。これから更に多くの若者が、夢を追いかけ美術大学の門を叩くだろう。君達には美術界の次世代を担うサムライになってもらいたい。

田代先生

札幌武蔵野美術学院副学院長
田代 真
武蔵野美術大学 講師
株式会社ティモデザインシステムズ代表取締役

「君の創りたいを伸ばしたい」
本学院の指導者は、全員が美大芸大出身者で構成されており、入学試験においても知識経験とも豊富なスペシャリストです。又、学科の講師陣も北海道大学の修士・博士課程で学んだ、一流の講師達による、志望大学・専攻別に対応した個別対策を行なっております。スタッフはきみのつくりたい気持ちを全力で応援します。